Archive for the ‘不動産物件’ Category

Posted on the 2月 26th, 2013 under 不動産物件 by uc1978

床は、その素材や色だけでお部屋の雰囲気が大きく変わるものです。今住んでいる賃貸のアパートはペットも住むことができるアパートです。その為でもあるのか、床の色が通常の賃貸は少し違います。これまで住んできたアパートは、床の色は茶色がほとんどでした。今住んでいるアパートは床の色がクリーム色です。

うちにはペットはいませんが、ペットがいるとどうしても毛が抜けます。ペットの毛は、白っぽい色です。そのため、クリーム色の床であると毛が落ちていても目立ちにくいような気がします。また、犬や猫が床を引っ掻いたとしても傷が目立ちにくいのかもしれません。逆に、人間の髪の毛は黒です。うちのアパートは髪の毛が落ちているととても目立ちます。その分、こまめに掃除するようになるのでいい事なのかもしれません。

また、床の色が明るいと部屋全体が広く感じます。暗めの色は逆に重みがあるので高級感がある床になるのかもしれません。家を建てる時にも、床の素材や色を選ぶことになりますが、それぞれの部屋や住む人の用途によって色や素材を選ぶ必要があるようです。

建材のアウトレット店でも床の素材だけでも沢山のものが販売されています。床は家における基盤の場所です。夢占いにおいても、床は基盤や基礎、自信を意味するそうです。綺麗に磨かれた床は、自分の考えがしっかりしていることを表しています。自分に共感してくれる人物が現れる予知夢でもあるようです。運気も上昇する時期になります。逆に汚れて汚い床は、自尊心を大切にするようにという夢のようです。

売家

Posted on the 1月 21st, 2013 under 不動産物件 by uc1978

既に住んでいなくて売家になっている場合は家の前に「売家」看板が掲げられていますが、住んでいながらにして売家になっているものとあります。近所の方々に知られずに売却をお考えの方も中にはいらっしゃるでしょう。

売家にするのには不動産業者さんも介して販売してもらうことが多いです。以前は不動産業者さんの買い取りもあったようですが、昨今の不況により買い取りをしてもらうと値を叩かれると言うのをよく耳にします。そうなると残りのローンが多くなる場合も考えられることから、住みながら売却する方法を取るようです。

その代わり売却後の受け渡し日等は細かく提示しなくてはいけません。売却を考えておられる方は早く売れてしまった方がいいに越したことはありません。そこで不動産屋さんに広告やインターネットでの物件の開示などするのです。実際に住んでいながらにしての売家の場合は立看板のようなものはなく、インターネットで検索できる状態の事がほとんどです。または購入希望の方が不動産業者さんを訪れた際にその物件を紹介することなどですね。

やはり早く売り切るためには価格と物件の認知度が必要になるかと思われます。また物件を開示した以上、不動産業者さんを通じなくて場所を確認したり、外観だけを見にこられる方も中にはいるでしょう。そのようなときにいい印象を与えるためにも家の周辺を綺麗に保つことはとても大事なことですね。

自分でできる限りの努力をして、早い売却に務めることです。一度は手にして暮らした我が家ですから、どんな理由があるにしろ気持ちよく退去できるようにしておきたいものです。

手間がかからない分譲住宅

Posted on the 2月 23rd, 2012 under 不動産物件, 家づくり by uc1978

注文住宅を造るときには、土地探しや住宅ローン、住宅会社探し、住宅造りとしなければいけないことや時間がかかることが多いので、あまり住宅にこだわりがない場合には手間といえるでしょう。

それと比べると分譲住宅は手間がかかりません。

分譲住宅では土地探しをする必要もありませんし、住宅を造ってくれる会社も探す必要はありません。

また住宅が建っているので、デザインや住宅の中を見ることができますし、購入後はすぐに引越しをすることができます。

住宅を見てから選ぶことができるので、住宅に納得をして買うことができます。

他に分譲住宅では周辺の環境がいいということも挙げられます。

分譲住宅は広くて良い土地がある場合に造られることが多いです。

広くて良い土地をそのまま売るよりも、土地を分けて住宅を建てて売ることでより利益を出すことができるのです。

住宅を建てて売るのですから、売れないということは避けなければいけません。

そのため良い土地であるほうがいいのです。

注文住宅よりも値段が安いというのもいいところになります。

建物はコストを下げるために大量生産の材料で造られていますので、質としては注文住宅に劣ることになるかもしれませんがそこで生活をしていくのに支障はない場合がほとんどです。

分譲住宅の悪いところは新しく近所づき合いをしていかないといけないことがあります。

そういったことが得意な場合にはいいのですが、苦手な人には大変かもしれません。

他には住宅を建てているところを見ることができないということがあります。

そこまで気にすることではないと思いますが、手抜きがあるかもしれないと考えられる人もいるようです。

実際に手抜きがあることもあるでしょうが、ほとんどないでしょう。

重大な欠陥などがあれば、売主が責任をとらないといけないためです。

いいところ悪いところありますが、注文住宅よりも気軽に購入できるのが分譲住宅なのです。

賃貸物件か?購入か?

Posted on the 1月 25th, 2012 under 不動産物件, 家づくり by uc1978

賃貸のアパートまたはマンションの借り入れをする場合に、一戸建ての住宅やマンションを購入することに比べてどのようなメリット・デメリットがあるのかを紹介していきます。

賃貸物件のいいところは、環境の変化に合わせて住居を変更しやすいといえるところでしょう。引越しをするとまた敷金や礼金などの初期費用が必要になってきますが、一戸建ての住宅や分譲マンションなどの場合には、そこを出るにはもっと大変です。

住宅を置いたままみんなで引っ越すというのも考えられる選択肢ではありますが、ちょっと違う気がします。

他に貸しに出したり、売りに出して引っ越すという選択肢も考えられますが、大変ですね。

他に一戸建ての住宅などと比べて住宅ローンの返済をする必要がないので気が楽だといえるでしょう。

住宅ローンは返済することができなければ住宅を手放すことになりますが、賃貸物件で家賃を払えなくなっても、他のところに移ったりすることで対応することができます。

賃貸物件のデメリットは自分のものではないということです。

アパート、マンションは集合住宅で他の人が住んでいるところなので周りに気を使って生活をしなければいけません。

特に音の面で悩まされることが多くあると思います。

それに比べると一戸建て住宅などは、音に悩まされにくいです。

大分の不動産会社で賃貸物件を借りている友人がいますが、俺はずっと賃貸に住み続けるといっています。最近ではそういう考えも多くなってきているのかもしれません。

住宅を購入するための住宅ローン

Posted on the 11月 12th, 2011 under 不動産物件, 家づくり by uc1978

住宅やマンションなどの高額な住宅を購入するときには、住宅ローンを使う必要があるといえます。

住宅ローンを借り入れすることによって、住宅を購入しやすくなるのです。

住宅ローンを借り入れるにあたって考えておかなければいけないことは、いくら借り入れをする必要があるのかということがあります。

そのために住宅の計画をしっかり考えておくことが必要になります。

よくあるのがもっといい住宅にしたくなり、住宅ローンの借入額を増やすケースがあります。

それをすると返済するのが大変になってしまうこともあるので、よく考えて行う必要があるのです。

住宅ローンを借り入れるときに自己資金が必要になってきます。

住宅ローンで全て借り入れることも可能なのですが、返済をしていくことがとても大変になります。

そのため、自己資金として住宅購入にかかるための費用の20~30%を用意するのがいいといわれています。

健康住宅を大分に購入した親戚も住宅ローンをできるだけ借りなくてもすむように、自己資金を貯めてから購入をしていました。

自己資金を貯めるのは中々難しいことですが、住宅ローンをひかれる気持ちになって貯金してみてはいかがでしょうか。

住宅ローンを借りると毎月こんなに返済しなければいけないのかということが実感できるのではないでしょうか。

住宅を購入するためには住宅ローンを使わなければいけないとは思いますが、あまり負担がかからずに返済に余裕ができるようにしていくといいのではないでしょうか。

家を建てるための土地

Posted on the 10月 19th, 2011 under 不動産物件, 家づくり by uc1978

注文住宅を建てるためには土地を購入するのが一般的であるといえます。

しかし、土地を購入する以外にも土地を借りることもできます。

その借りた土地の上に住宅を建てることもできるのです。

土地を借りる方法として使用貸借契約を結ぶか賃貸借契約を結ぶことまたは地上権を設定することになります。

使用貸借というのは無償でその土地を借りて、契約期間が終わればその土地を返すという契約になります。

この契約は親や兄弟、親戚などの間で結ばれることの多い契約となります。新築を大分に建てることを考えていた友人がいるのですが、彼は親から土地を借りることによって新築住宅を建てることができました。

賃貸借契約とはお金を支払うことによってその土地を借りるという契約を結ぶことです。

土地を借りるときのお金としては権利金、地代が必要になってきます。

この賃貸借契約を住宅を建てることを目的として使用する場合は、契約期限を更新することができます。

借主には賃借権という権利があるためです。

地上権の設定とは、土地に地上権を設定することによって住宅を所有することができます。

賃貸借契約と同様に、契約期限が終了する前に契約の更新をすることができます。

土地の所有者が土地を売りに出して他の人が所有者になった場合においても、住宅に住む権利を主張することができます。

賃貸借契約と違う点は地上権を地主の承諾を得ることなく、第3者に譲渡することができるところです。

中古住宅の購入

Posted on the 9月 22nd, 2011 under 不動産物件 by uc1978

中古住宅を購入するときに気になることとして、なにか問題があったときに対処をしてもらえるのかどうかが気になるところだと思います。

このような時は対処してもらえる場合と対処してもらえない場合があります。対処してもらえるのは隠れた瑕疵があったときになります。

瑕疵というのは本来そのものに対して備わっているはずの機能が備わっていないことをいいます。

例えば、雨漏りがしている、シロアリの被害があることなどがあげられます。

普通に注意をもって見ていたとしても気づくことのない欠陥のことです。

ただしこれは買主がこの事実を知らず、悪意を持っていない場合に限られます。

対処をしてもらえないのは、通常の範囲で気づくことのできる欠陥です。

中古の物件を取引するときには、現状渡しという取引形態となることがほとんどです。

現状渡しは、今の状態そのままで物件を引き渡すという契約になります。

そのため壁紙の汚れなどの通常使用をしている範囲での劣化などは保証をしてもらえないことになります。

売主には瑕疵担保責任というものがあり、隠れた瑕疵による損害は補償しなければいけないことになっています。

瑕疵担保責任では隠れた瑕疵による損害を補償してもらうために

瑕疵があることを知ってから1年以内で住宅の引渡しを受けてから10年以内という条件があります。

ですので、隠れた問題がある場合には、売主に対して賠償請求を行うことができます。

確実に保障をしてもらうことはできないかもしれませんが、参考にしてください。

建ぺい率・容積率 用途地域について

Posted on the 8月 17th, 2011 under 不動産物件, 家づくり by uc1978

建ぺい率と容積率について説明していきたいと思います。

建ぺい率は敷地面積の中にある建築面積がどのぐらいあるのかを割合で表したものをいいます。

建築面積というのは敷地内に建っている建物を真上から見たときの面積のことです。

例をあげると敷地面積が300㎡あったとして、建築面積が180㎡だったとします。そうすると180÷300で60%の建ぺい率になります。

容積率は敷地面積に対して住宅の各階の床の面積を合計した延べ面積の割合のことを表します。

例をあげると1階の床面積が100㎡、2階の床面積が80㎡、3階の床面積が70㎡だったとします。合計すると250㎡です。

敷地面積が500㎡だったとして

250÷500で50%の容積率となります。

以前用途地域によって建ぺい率と容積率が違うという話をしました。

用途地域には12種類あり、住宅に関わる地域が7種類あります。

なぜこのように分けているのかというと、住宅の環境を守るためです。

例えば、高さが低い住宅と高層マンションが並んで建っていたとします。そうすると、高さの低い住宅には日光が入らないかもしれません。

そうなってしまっては、低い住宅に住んでいる人は困ってしまいます。

そのため、低い住宅は低い住宅用の地域に建てることによって、住宅の環境を守ることができるのです。

用途地域にはこのほかに5種類あり、商業用の地域で2種類、工業用の地域で3種類となっています。

このうち住宅を建てることができるのは工業専用地域以外ですので、用途地域のことも考えておきましょう。

住宅ローンや固定資産税

Posted on the 7月 23rd, 2011 under 不動産物件, 家づくり by uc1978

注文住宅を建てる前と後に税金などが必要になります。

必要なお金は住宅ローンにかかるものと住宅にかかるもの、そして出来上がった住宅にかかるものとがあります。

売買契約書や金銭消費貸借契約書には収入印紙が必要になります。

契約書に記載されている金額によって収入印紙の額が異なります。住宅にかかる印紙税は大体1万円か2万円になります。

登記手数料も必要になります。住宅の登記手続きや抵当権を設定する登記手続きのときなどに司法書士などに支払う手数料が必要になってきます。

民間の金融機関で住宅ローンを組んだ場合には、ほとんどのときにローン保証料が必要になります。

ローン保証料は、保証人として保証会社をつかうときに必要になるお金です。

他にも火災保険などいろいろとお金が必要になってきます。

住宅が出来上がってから必要になるのが、不動産取得税、固定資産税、都市計画税になります。

不動産取得税は不動産を取得した場合に、取得した人に課される税金です。

注文住宅の場合には土地と住宅にかかってくるお金となっています。

不動産取得税は取得したときに一度だけ支払うことになります。

固定資産税は毎年1月1日に固定資産を所有している人に納税の義務がある税金です。

都市計画税は市街化区域に土地や住宅を所有している場合にかかる税金となります。

固定資産税と同じく毎年1月1日に市街化区域に土地や住宅を所有している人にかかってくる税金です。

固定資産税と併せて徴収されることになります。

土地を購入する時の注意点や目的

Posted on the 5月 13th, 2011 under 不動産物件, 家づくり by uc1978

土地を購入するときには他にも見ておかなければいけないところがあります。

そのまえに土地を購入する目的を明確化しておくといいでしょう。

なぜ注文住宅を建てようと思ったのかをしっかり考えていないと目的とずれた土地や住宅になってしまうかもしれません。

土地が市街化区域にあるのかどうかを確認してみてください。市街化区域というのは、都市計画法といわれる法律によって定められています。

市街化区域は市街地が既に作られているところ又は10年以内に優先されて市街化をする区域となっています。

接道の条件を満たしているのかも確認しておきたいところです。

不動産会社も関わってきているので、まずないとは思うのですが住宅などを建てるために建築基準法で定められている接道義務というものがあります。

接道義務というのは、建物を建てるための敷地は道路に2m以上接していなければいけない義務のことです。

つまり道路に2m以上接していない場合には建物を建てることができないというわけです。

古い土地つきの中古住宅を購入した場合にたまにあるみたいで、建て替えをしようとしたときに建てることができないという状況になることがあるみたいです。

建ぺい率と容積率もどうなっているのかを確認しておくといいでしょう。建ぺい率と容積率は用途地域によって異なってきます。

用途地域はどのような用途かによって建てることのできる建物が制限されるようになっています。

購入するときには重要事項の説明をしっかり聞いておきましょう。