Archive for 10月, 2011

家を建てるための土地

Posted on the 10月 19th, 2011 under 不動産物件, 家づくり by uc1978

注文住宅を建てるためには土地を購入するのが一般的であるといえます。

しかし、土地を購入する以外にも土地を借りることもできます。

その借りた土地の上に住宅を建てることもできるのです。

土地を借りる方法として使用貸借契約を結ぶか賃貸借契約を結ぶことまたは地上権を設定することになります。

使用貸借というのは無償でその土地を借りて、契約期間が終わればその土地を返すという契約になります。

この契約は親や兄弟、親戚などの間で結ばれることの多い契約となります。新築を大分に建てることを考えていた友人がいるのですが、彼は親から土地を借りることによって新築住宅を建てることができました。

賃貸借契約とはお金を支払うことによってその土地を借りるという契約を結ぶことです。

土地を借りるときのお金としては権利金、地代が必要になってきます。

この賃貸借契約を住宅を建てることを目的として使用する場合は、契約期限を更新することができます。

借主には賃借権という権利があるためです。

地上権の設定とは、土地に地上権を設定することによって住宅を所有することができます。

賃貸借契約と同様に、契約期限が終了する前に契約の更新をすることができます。

土地の所有者が土地を売りに出して他の人が所有者になった場合においても、住宅に住む権利を主張することができます。

賃貸借契約と違う点は地上権を地主の承諾を得ることなく、第3者に譲渡することができるところです。